忍者ブログ


ブログ内検索
カウンタ
一橋大学チーム・えんのした
チーム・えんのした
一橋大学内で古本のリユースを中心とした事業を行っているサークルです。現在図書館内で古本を無償で提供しています。
E-mail:en.hit.u.ac.jp@gmail.com
Twitter
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※企画の本格実施に際し、少しでも読みやすくなるよう、ブログを整理しました。文章構成は変わりましたが、内容に大きな変化はありません。


前回の投稿で「この企画にはいろいろな理由がある」と言いましたが、具体的には以下のような「4つの解決すべき問題点」と、それに対応した「4つの解決策」からなります。


●解決すべき問題点 
  
    ①新刊の購買促進
 
  ②「読書離れ」イメージの打破
 
  ③電子・紙に関わらず、本の素晴らしさを広める・再確認する
 
 
  ④本が「本」であることの意味を見つめ直す


●解決策
  
    ①新刊と古本のデザイン面での差異化
  
    ②読書習慣の顕在化
  
    ③本がそばにある環境の創出
  
    ④本というカタチにフォーカス


これだけ読んでも何が何だかさっぱり分からないと思いますので、これから順々に説明していきたいと思います。話の構成としては


第1部 本を取り巻く現状の分析
 
   第1章 出版業界の縮小と「読書離れ」
 
   第2章 電子書籍、とくにiPadの登場と読書文化・本が「本」であることの意味
 
   第3章 まとめ・解決すべき問題点
 
第2部 解決策
 
   第1章 ケツポケットに文庫を
 
   第2章 なぜケツポケットなのか


という流れで進めていきます。第1部の第2章に関しては長いので、二回に分けて投稿するつもりです。


全体としてかなりの文章量になるとは思いますが、お暇なときにでも読んで頂けると嬉しいです。


よろしくお願いします。


 
4aa00bb9.jpeg











2010.12.04 ワタナベヤマト

PR
この記事にコメントする
name
tytle
color
mail
URL
comment
pass
rAPLgmgNnhmlLQ
Antonio URL 2013/04/04(Thu)23:38:59 編集
You're the greaetst! JMHO
jwfCnJiFvSNKjeS
Janak URL 2013/04/04(Thu)23:39:14 編集
I'm so glad that the itrneent allows free info like this!
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: